テニス・武道・スポーツ

2017年8月25日 (金)

22℃でも熱中症

昨日は我孫子でも35.4℃の猛暑日。
(我孫子のアメダス観測値)

知人に誘われたこともあり、日中は外でテニスをしました。
(ハードコートでしたので、コート上はぐっと高熱だったと思います。)

こういう日に限って、なぜかたくさん人が集まり、「暑い」と言い続けながらみなでテニスをしました。
「早く終わりたい」とぼやきながら、抜けることなくテニスしてる方も…。
私も休み休みでプレーでき、結局たくさん打ちました。

35℃越えでテニスしてしまった。


猛暑日でも熱中症にならなかった私も、意外な時に熱中症になりかけました。


今年のお盆は雨続きで涼しく、ある夜22℃まで下がりました。
テニスでたくさん動けるチャンス、と思い、雨でもOKのインドアコートへ。
動き続けているうちになんだか身体がおかしく……!?
体が少しフラフラしてきて……熱中症になりかけたようです。

雨で湿度が95%あり、これが大きな要因だったよう。

湿度が高いために、汗が蒸発できず、体温が下げられない現象だったと推定できます。

コーチも激しく長く打ち合ってくれました。あれは効いた。
私はいつもはそういうのが好きなのですが……好き過ぎた。
(水分をたくさん取ったところ、最後まで続けられましたが。)

気温が低くても、湿度によって・ムシムシしていると、熱中症になる、と身をもって知った体験でした。


Img_0497


みなさまもお気をつけて。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

テニスツアー

夏休みを1日いただいて、テニスツアー(合宿)に行ってきました。

秋雨前線で雨予報でしたが、外でめいっぱいテニスできました。

久しぶりに泊まりでみなでテニスできてうれしいtennis


0

1

2

3

4
九十九里浜のすぐそばまで行きました

5
コーチ陣は夜も奮闘



7























| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月10日 (日)

かしわ国際オープントーナメント

テニスの「かしわ国際オープントーナメント」を観戦しました。

2


女子は賞金総額が1万ドルから2万5千ドルに増えてレベルが上がった大会、海外からの選手も多く来ていました。

春の雨・嵐も何日もやって来て……、最も手強いヤツの一つでしたネ。


桜の下での開催で映えました。

1

間近でツアープロの打球・プレーが見られるのが面白く、夕方遅くの試合まで+試合後の選手たちの練習まですぐそばで見入ってしまいました。

3


4
市立柏高校のチアリーディング

5
表彰式でのフォトセッション





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

“シェルパ”さいとう

屋久島に旅したときのお話。
推定樹齢三千五百年の「縄文杉」へは、ふつうは日帰り=往復8~10時間歩くのが一般的ですが、今回は「縄文杉1泊2日ツアー」で行くことにしました。

縄文杉の近くに小屋があり(無人小屋です)、そこに1泊するというもの。

2日間かけるコースなので、1日あたりの歩きがラク&縄文杉と道中を見る時間がたっぷりあるのが魅力です。

一方で、キャンプのような泊まりになるため、日帰りに比べて、シュラフ(寝袋)・シュラフマット・食料・服etc.の装備・荷物が増えます。
私は母(=70才台ながら健脚)のお供……「シェルパ」(≒荷物運び人・ポーター)として参加(^^;)
ほぼ2人分の荷物=80ℓもの登山ザック+シュラフ2人分+シュラフマット2人分を持ったため、重量はさほどでないものの、見た目は同行のガイドさんよりも大荷物になり、「本物のガイドよりも、ガイドっぽいです」と周りから面白がられていました。
(見た目はガンダムの“ガンキャノン”みたいでしたネ…)

Photo


3

帰りの途中からは(=やや平坦な下り道になる)、母の軽量ザックも私が持ち(→計120ℓのザックに+αの荷物持ち)、手ぶらになったとたんものすごい速歩で母は歩き出し、進撃の老人、という勢い。

2

「縄文杉1泊2日」の最大のご褒美は、早朝、陽の出の時間に“赤く染まる縄文杉”が観れること!

Photo_2

この朝は天気に恵まれ、早朝の日の出から10分間ほど(だけ)の間、真っ赤に染まるすばらしい縄文杉を堪能することができました。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

世界自然遺産・屋久島でスキンダイビング

世界自然遺産・屋久島へ、2度目の旅をしてきました。

11月は、降雨量も少なく、観光客も少なめの、屋久島行きには絶好のシーズン、ということが分かりました。
(12月になると南の島なのに、なんと雪が降るところもあるため、観光には厳しい)

「屋久島は月のうち、三十五日は雨」と、林芙美子が書いたくらい雨の多い屋久島ですが、滞在中は晴れの日が続いて(地元の人も珍しがっていた)、運に恵まれましたsun

最近お気に入りの「スキンダイビング」(≒素潜り)もしてきました。
器材・タンクの力で潜るスキューバダイビングよりも、私は自力で=自分の呼吸と泳ぎ・潜水だけで海に潜る・海と遊ぶ・海と一体となれるスキンダイビングの方が楽しいんです。
1311211

1311212
upwardright2枚目の写真は、あお向けに回転して、海底から空方向を眺めている写真です。

晴れている上に、一週間ぶりに海も凪いだという絶好の条件で、LUCKY!でしたsun

湯泊という場所でスキンダイビングしたのですが、海から上がった後は、そのまま海中温泉に入れ(=海辺に温泉が湧いているのです)、いい湯だな、と温まることができて(&海の塩気もとれて)かなり良かったです~wavespa



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

楊式太極拳 演武 ~“武術”としての太極拳

鍼灸学校時代に太極拳部にもいた私は、学園祭演武にOB出場してきました。

私がやっている「楊式(ようしき)太極拳」は、“武術”として伝わる伝統太極拳の代表的一派で、のびのびとしたゆっくり大きい動作が特徴。
「柔の中に剛をやどし、わたの中に針を隠した芸術」とも言われています。

85式(85の型)の一連の動作(=套路トウロ)を、20分くらいかけてやり続けます。
Photo

(健康法として一般的な太極拳(=中国政府が定めた制定太極拳)=簡化二十四式太極拳等とは、形は似ていますが中身・本質は大きく異なっています。

制定拳を習った人が楊式太極拳を学ぼうとすると、ヘンな癖がついているせいでかえって苦労するため、私は制定太極拳には手を出していません。)


今回は演武に臨むということで、師と稽古して動きを洗練させていくことができました。

上体の力を抜き、丹田に力をため、下半身・股関節を柔軟にかつ力強く動かす=楊式太極拳のような動きをすることは、治療をする上でも大切で、楊式太極拳⇔治療技術とはいい相関関係にあり、これからの治療にさらに活かしていけそうです。

Photo
(私は写真の外=角で演武していますので写ってまセン(^^)

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 1日 (日)

ついにNEWラケット☆

HEADヘッドのラケット=プレステージPrestige リキッドメタルLiquidMetal MP(ミッドプラス)を使い続けて○年……(ネットで調べると2004年夏発売となってるので、今年で9年?!)、近年は自分に合うラケットを探してたくさん試打したものの、コレ!というフィーリングのモノがなかなか無く……でしたが……

ついに自分のフィーリングに合うラケットを見つけ、手に入れることができましたgood

同じHEADヘッドのプレステージPrestige(最新モデルのYouTek IG)、しかし今度はMPでなく、よりグレードの高い?「Pro」を選びました。
MPよりさらに重い325g、私にはちょっと分が過ぎる上級者向けラケットですが、“フィーリングが合う”ことを大切にしてコーチOK!も出たので、手に入れる運びとなりました。
Prestigepro

ラケットウエイト325gに、これも使い続けているバボラのナチュラルガット「VS TOUCH 130」(ちょっと贅沢)を張って340gほどの重さになりますが、ストリングパターンが従来のプレステージの18×20と違い、「Pro」はストリングパターンが16×19で、パワーが出る感じです。
(私も腕力が落ちて18×20では飛ばせなくなってきたのかも^^;)
HEADヘッドは一本一本の個別差が大きい困ったちゃんメーカーですが、ショップにあれこれ手配してもらってベーシックなトップライトのものを選んだので、ラケットの振り抜きも良い感じです。
(確かに重量はありますが、重くて扱いづらい感じはありません)

レザーグリップが巻かれていて(デフォルトで=最初からついてるのは珍しいですね)、これもフィーリングの良さにつながっているのかもしれません。
(これまで使っていたリキッドメタルLiquidMetalも、ショップでグリップを自分好みに変えてもらう際にレザーグリップに巻き変えてもらっていました)

いずれHEADヘッドのNEWテクノロジー「グラフィンGRAHENE」モデルのプレステージPrestigeが出るでしょうから=そうなるとまた別物ラケットになる可能性もHEADヘッドの場合は充分にありえるので、現行モデルで決め打ち!にしました。
(「グラフィンGRAHENE」モデルが発売されたら試打してみて、気に入った方で2本目を購入しようと考えています)

私はフラット系のストロークで、しっかりボールをとらえ運ぶフィーリングが好きなので、ガットはハイブリッドにせず、オールナチュラルガット(好みでバボラ VS TOUCH)です。


今日は暑い中(インドアですが)、打ち始めをしてきましたsun
レッスンのコーチは、先頃引退してTTCのヘッドコーチになった名プレーヤー・岩見亮選手(今はコーチというべきか)でした。
Photo
1対1のポイントゲームにも、自ら「ラオウ」と名乗って加わった岩見亮コーチ(笑)、さすがにモノが違いすぎ、私も含め誰もまともにポイントがとれませんでしたが、おもしろく&神業ショットも見せてもらい、とても楽しい時間を過ごせました。

成人一般レッスンに入るのは一応今日が最後ということで、ラストに“昨日から考えていた”というオチのある挨拶をしてくれ、笑わせてくれました、多謝。
またいっしょにプレーしたいものです。

汗びっしょり・90分で1.5ℓのマグボトルも空になる暑さの中でしたが、ついに相棒となるNEWラケットを得て、心身ともに充実した時間となりました~happy01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

レイソル優勝観戦

柏レイソルの(次はいつ来るとも分からない?&大混戦の中での)
Jリーグ優勝?!のチャンスが訪れたため、埼玉スタジアムでの
vs 浦和レッズ 戦を観戦に行きました。

111203kickoff_2 
111203reysol_attack_3

レイソル2ゴール先制(2-0)で折り返した後半は、レッズペースでたちまち1点を返され、相手ペースで進むゲーム&アウェーでのレッズ戦はシンドイものでしたが……ついに優勝の瞬間に立ち会うことができました!

111203
ネルシーニョ監督の胴上げ

111203_2 

優勝セレモニーの後は、レッズの最終戦セレモニーがありましたが、降格の危機を招いたレッズ社長の挨拶に、レッズファンのブーイング・罵声はもの凄く……この日一番スタジアムを揺るがしました…(レッズ怖い…)
「20年でこのザマか」etc.etc.の幕もスゴかった…(^^;)
111203_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

秋の尾瀬

秋の尾瀬へ、自然と緑にひたりに行ってきましたclover

秋の花・水辺のエゾリンドウがきれいでしたmaple
Photo
Photo_2

また、星空に恵まれ、天の川を何年か振りに見ることができ、大吉でしたnight

東北以北では最高峰の燧ヶ岳にも登ってきましたfoot
Photo_5
尾瀬沼と燧ヶ岳
Photo_6
燧ヶ岳から尾瀬沼を望む

下りは超高速で一気に降りたためdownwardright膝にきましたが、(体力限界まで攻めて)えらくスッキリしましたcatface


山小屋「原の小屋」の夕食(キノコ料理)がとてもおいしく、ご飯が一人に大きいおひつ1つ(お茶碗6杯分くらい?)ついてきたので、私への挑戦かと思い……お米粒一つ残さず完食してきましたdelicious
Photo_3

Photo_7


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

北軽井沢・緑涼日記1

夏休みは、心身をいたわりに北軽井沢へ行ってきましたbus
我孫子は熱帯夜の日でも、夜が涼しく・寒いくらいnight


東&西篭の塔山・榛名富士・小桟敷山・芳ヶ平湿原・白根山の湯釜・池の平湿原etc.…、あちこち登山したり・高原や湿原を歩いて、緑にふれる機会いっぱいでしたclub
110815
芳ヶ平湿原と木道

Photo

池の平湿原「鏡池」~ホントに鏡のように、山が写ってる池の綺麗さ!

110812_2
東篭の塔山頂にて

Photo_3
山小屋の犬たちdog

Photo_4

上手だなあ…高山植物監視員サン


特に好きな場所・落ち着く場所は「浅間牧場」で、ほんの少し小高い丘を登るだけで、そこから望める風景には言葉を失うほどでした
110811_2 
夕焼けの浅間牧場からの眺め


嬬恋村の一面のキャベツ畑の風景にも目を見張りました・ビックリしました・いいもの見れました
110812
全面!キャベツ畑!!

毎日、歩いて汗sweat01をかいたあとは、いろいろな温泉へspa
一番良かったのは万座温泉。
硫黄泉で、歳月を感じさせる木でできた湯舟、その木のぬめり気も味わい深~いものでした
Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧